市場ニュース

戻る
2016年06月14日10時43分

【材料】東建コーポが逆行高、業績好調で引け後決算発表を先取りする動き

東建コーポ <日足> 「株探」多機能チャートより
 東建コーポレーション<1766>が買い優勢、全体悪地合いの間隙を縫って株価水準を切り上げている。同社は建設事業と不動産賃貸事業を収益の両輪としており、不動産市況の改善が進む首都圏で積極的な営業展開を進め、相続税の改正も商機につなげている。16年4月期営業利益は前期比34%増益の126億6500万円を計画しているが、市場では「きょう引け後に決算発表を控えており、好決算先取りの買いが流入している」(国内準大手証券マーケット支援部)とみられている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均