市場ニュース

戻る
2016年06月14日09時54分

【材料】コムシスHD、国内大手証券は高水準の株主還元性向を維持するとみるも、相対評価で投資評価を引き下げ

コムシスHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 コムシスホールディングス<1721>が小幅続落。上値の重い展開となっている。

 SMBC日興証券がリポートをリリースしている。第1四半期決算は大幅減益となった前年同期からの回復が見込まれること、7月1日より自己株式取得を開始することから、絶対株価の急速な低下を見込むわけでないものの、相対評価に基づき投資評価を引き下げることとしたと説明。今後も自己株式取得を含めて高水準の株主還元性向を維持する公算は大きいとみると解説。

 投資評価を「2」(中立)から「3」(アンダーパフォーム)へ格下げし、目標株価は1800円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均