市場ニュース

戻る
2016年06月14日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 アイオデータ、プロパスト、稲葉製作 (13日大引け後 発表分)

アイオデータ <日足> 「株探」多機能チャートより
 13日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 アイオデータ <6916>   ★今期経常を30%上方修正、配当も5円増額
 ◆16年6月期の連結経常利益を従来予想の10億円→13億円に30.0%上方修正。減益率が35.5%減→16.2%減に縮小する見通しとなった。液晶ディスプレーや光ディスクメディアを中心に販売が想定より伸びることが寄与。円高による採算改善も利益を押し上げる。
  併せて、期末一括配当を従来計画の10円→15円(前期は13円)に増額修正した。従来計画の普通配当10円に、創業40周年記念配当5円を上積みする。予想PERが11.1倍→9.1倍に低下する一方、配当利回りが2.47%に上昇し、割安感が強まった。

 プロパスト <3236> [JQ]  ★前期経常を2.5倍上方修正
 ◆16年5月期の経常利益(非連結)を従来予想の2億3200万円→5億7600万円に2.5倍上方修正。増益率が6.4%増→2.6倍に拡大する見通しとなった。神奈川県三浦市の土地売却益に加え、予定していなかった収益ビルの販売が寄与し、売上が計画を23.1%も上回ったことが利益を押し上げた。

 稲葉製作 <3421>   ★8-4月期(3Q累計)経常は68%増益・通期計画を超過
 ◆16年7月期第3四半期累計(15年8月-16年4月)の連結経常利益は前年同期比68.2%増の18.6億円に拡大して着地。旺盛な企業の移転需要を背景に、オフィス家具の販売が大きく伸びたことが寄与。ガレージや倉庫の販売増加に加え、原価低減なども大幅増益に貢献した。
  通期計画の18億円を既に3.3%上回っており、通期上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均