市場ニュース

戻る
2016年06月13日11時55分

【材料】日立や日産自がブレグジット懸念で安い、23日の英国民投票へ神経質な展開

日立 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日立製作所<6501>や日産自動車<7201>は「ブレグジット(英国のEU離脱)」懸念で安い。欧州連合(EU)からの離脱を巡る23日の英国民投票に向けた世論調査でEU離脱派が優勢となったと前週末に報じられた。これを受け、英国のEU離脱に向けた懸念が一気に高まり、市場にはリスクオフ姿勢が高まっている。

 日立は英国に高速鉄道向けなどの車両の最新鋭工場を建設。英国のキャメロン首相は、記者会見で日立の例を引き合いに出して残留の必要性を訴えたほか、日産は英国に約30年前に進出し、同国最大の自動車工場を展開している。ともに、外国資本の英国進出の象徴的な例とみられておりブレグジット懸念の高まりとともに、株価には売り圧力が高まっている様子だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均