市場ニュース

戻る
2016年06月13日08時39分

【経済】中国の債務残高:政府発表より6兆元多い可能性=GS


ゴールドマン・サックス証券(GS)は最新リポートで、中国全体の債務残高について、政府が発表した数字より数十億米ドルが多いとの見方を示した。中国の経済成長が借金などに依存しており、いかなる金融引き締めが中国経済に大きな混乱をもたらす可能性があると警告した。

GSのタン・アナリストが中国の資金流れを追跡して中国債務の規模を計算した。それによると、2015年の中国の債務残高は政府が発表した数字より6兆元(約102兆円)多いという。タン氏は、2015年の中国の債務残高規模が25兆元となり、国内総生産(GDP)の36%に相当すると指摘した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均