市場ニュース

戻る
2016年06月13日08時24分

【材料】物語コーポレーション---第3四半期累計決算は2桁の増収増益で着地、通期では11期連続の経常増益を見込む

物語コーポ <日足> 「株探」多機能チャートより

物語コーポレーション<3097>は中部圏、関東圏を中心に焼肉店やラーメン店、お好み焼き店などを展開する外食チェーン。繁華街ではく、郊外地区にロードサイド型店舗をドミナント展開している。主力業態は焼肉店「焼肉きんぐ」、ラーメン店「丸源ラーメン」、お好み焼き店「お好み焼本舗」、寿司・しゃぶしゃぶ店「ゆず庵」など。2016年4月末の店舗数は367店舗(直営189店舗、FC173店舗、海外5店舗)である。

2016年6月期は売上高が前期比16.0%増の387.86億円、経常利益が同22.5%増の29.50億円と11期連続の経常増益を見込む。5月11日に発表した第3四半期累計決算は売上高が前年同期比17.6%増の289.50億円、経常利益が同25.4%増の20.58億円と好調。既存店売上高が同2.2%増と堅調に推移したことや積極的に新規出店を進めたことなどから、大幅な増収増益の着地となった。なお、2016年6月期の1株当たり配当金は前期比2.0円増配の55.0円を予定。予定通りならば新規上場以来8期連続の増配になる。

同社は現在進行中の3カ年中期経営計画で、最終年度の2018年6月期に売上高533.28億円、経常利益42.48億円を目指している。達成に向け、1)開発力と人財力の育成、2)既存ブランドの高収益化、3)FC加盟店の高収益化、4)長期的な成長を見据えた新事業・新業態の開発、5)内部統制の強化、などを進めていく方針だ。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均