市場ニュース

戻る
2016年06月13日08時22分

【市況】リスク回避の流れから物色は個別対応に/オープニングコメント

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 13日の日本株市場は売り優勢の相場展開になろう。10日の海外市場は原油相場の下げのほか、23日に予定されている欧州連合(EU)離脱を巡る英国の国民投票への懸念から全面安商状となり、NYダウは3ケタの下落、シカゴ日経225先物清算値は16300円を下回っている。この流れを受けて幅広い銘柄に売りが先行することになりそうだ。

 その後は日米経済イベント待ちのなか、方向感の掴みづらい相場展開になろう。今週は14、15日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、終了後に声明と経済予測が発表される。15、16日に日銀が金融政策決定会合を開き、結果発表後に黒田総裁が会見する予定である。

 さらに、英国EU離脱問題は今年最大のリスク要因とみられており、欧州連合(EU)残留・離脱を問う英国の国民投票を控え、基本的にはリスク回避の流れが続きそうである。円相場もドル安に振れやすく、物色は個別対応になりそうだ。

 その個別対応であるが、14日から16日まで米ゲーム見本市「E3」がロサンゼルスで開催されるほか、米アップルの開発者向けカンファレンスWWDCがサンフランシスコにて13日から17日まで開催される。また、無料対話アプリのLINEが7月15日に東証に、14日にNY市場に上場することが決まった。さらに、株主総会が今後本格化するため企業改革等を手掛かりとした個別物色の流れがより強まりそうである。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均