市場ニュース

戻る
2016年06月11日21時14分

【市況】今週の【JASDAQ市場】6月6~10日『バイオ関連やフィンテック関連の一角が強い動きに』

ジャスダック <日足> 「株探」多機能チャートより

【タツモなど個別材料株が買われる、JASDAQ平均は小幅高】6日(月)

■概況■2546.36、+0.57
6日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が小幅続伸、J-Stock Indexが小幅反落、JASDAQ-TOP20が反発となった。値上がり数は207、値下がり数は366、変わらずは70。JASDAQ平均は相場全体の地合いに連れ、売り先行後に下げ渋る展開となったが、大引けにかけて小幅ながらプラス圏に浮上した。全体として売買は低調で、個別材料の観測された銘柄や直近で動きを見せているテーマ株に物色が集中した。


◆注目銘柄◆
売買代金トップでデジタル教科書関連のチエル<3933>が売り先行後に切り返した。ソフトフロント<2321>、フェローテック<6890>、DAC<4281>などが堅調でシンバイオ製薬<4582>やマクドナルド<2702>は小幅高。内外テック<3374>、カーディナル<7855>、日本ラッド<4736>がストップ高で本日の取引を終えたほか、中国の液晶ディスプレイメーカーより大口受注を獲得したタツモ<6266>や、第1四半期の最終黒字転換が材料視されたクリムゾン<2776>、サイバーセキュリティ関連関連のアズジェント<4288>なども大きく買われた。一方、FVC<8462>、アスコット<3264>、セプテーニHD<4293>、構造計画<4748>、ドーン<2303>などが軟調。構造計画は本日より信用規制が実施されている。業績予想の下方修正を発表した大塚家具<8186>は急落。また、文教堂HD<9978>は直近の株価上昇に対する利益確定売り押され、ストップ安となった。


--------------------------------------


【日経平均切り返しで安心感、バイオ関連の一角がけん引】7日(火)

■概況■2553.93、+7.57
7日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20が続伸、J-Stock Indexは反発となった。値上がり:328銘柄、値下がり:229銘柄、変わらず:83銘柄。JASDAQ平均は高寄り後も堅調な動きが続いた。日経平均の切り返しで安心感が強まったほか、バイオ関連の一角に関心が高まったことも支援材料となった。


◆注目銘柄◆
理研などが加齢黄斑変性患者に対するiPS移植の臨床研究と伝わったことで、iPS細胞関連としてリプロセル<4978>が急伸した。ニッピ<7932>も同関連として大幅高。セリア<2782>は5月既存店売上高の順調推移で買われる。小田原機<7314>は1:2の株式分割実施や実質増配が好感される。半面、日本ラッド<4736>、チエル<3933>、日ダイナミク<4783>、カーディナル<7855>、内外テック<3374>などは利益確定売りに押される。JASDAQ-TOP20では、セリアのほか、メイコー<6787>、ベクター<2656>がしっかり。一方、田中化研<4080>がさえない。


--------------------------------------


【日経平均切り返しで安心感、一部テーマ株に値幅取りの動き】8日(水)

■概況■2554.73、 +0.80
8日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20が続伸、J-Stock Indexは反落となった。値上がり数:284銘柄、値下がり:268銘柄、変わらず:87銘柄。JASDAQ平均はもみ合いスタート後、前引けにかけて下げ幅を広げていく展開となったが、後場入り後は下げ渋り、大引けにかけて切り返した。日経平均の堅調推移が安心感を誘う形となり、テーマ株の一角に値幅取りの動きが集まった。


◆注目銘柄◆
リプロセル<4978>が京大iPS研との共同研究を発表で人気化。OSGコーポ<6757>は2-4月期の好決算が材料視される。日本ラッド<4736>、日ダイナミク<4783>は大幅反発で、リチウム電池関連銘柄人気化で田中化研<4080>も急伸。FVC<8462>も強い動きに。半面、タツモ<6266>は野村證券が転売目的で株式取得と発表で下落。内外テック<3374>は続落で、IGポート<3791>も利益確定売りに押される。JASDAQ-TOP20では、田中化研のほか、ザイン<6769>などがしっかり。一方、ベクター<2656>、フェローテック<6890>がさえない。


--------------------------------------


【相対的な底堅さ目立つ展開に、テーマ株の一角に物色向かう】9日(木)

■概況■ 2557.91、+3.18
9日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続伸でJ-Stock Indexは反発、JASDAQ-TOP20は反落となった。値上がり:269銘柄、値下がり:265銘柄、変わらず:104銘柄。JASDAQ平均は高寄り後も上げ幅を広げる動き、後場はマザーズ指数とともに伸び悩んだが、日経平均がさえない動きとなる中で、終始プラス圏をキープするなど相対的な底堅さが目立った。バイオ関連やフィンテック関連の一角が強い動きとなる。


◆注目銘柄◆
リプロセル<4978>が続伸で、日本ラッド<4736>も連日の大幅高。フィスコ<3807>やSJI<2315>などフィンテック関連のほか、ドーン<2303>などテーマ物色の動きも強まる。DAC<4281>やセプテーニHD<4293>などネット広告関連も上昇。昭和真空<6384>も強い動きとなる。半面、田中化研<4080>が反落で、IGポート<3791>は続落。ブロッコリー<2706>、岡本硝子<7746>なども軟調。JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、マクドナルド<2702>などがしっかり。一方、田中化研のほか、ポラテクノ<4239>、メッセージ<2400>がさえない。


--------------------------------------


【LINE関連の一角などが上昇、相対的に底堅い動きに】10日(金)

■概況■2560.16、+2.25
10日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続伸、J-Stock Indexは反落でJASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は268、値下がり数は282、変わらずは101。JASDAQ平均は高寄り後の上値が重く、その後は狭いレンジでのもみ合いに終始した。日経平均がさえない動きとなる中、LINEの上場観測報道などが一部銘柄の刺激材料にもなり、相対的に底堅い動きになった。


◆注目銘柄◆
アルファクス<3814>やエヌアイデイ<2349>、イマジニア<4644>がLINE関連として買われる。ガーラ<4777>はゲーム「Arcane」日本語版の事前登録開始で買い優勢に。トリケミカル<4369>はアナリストの買い推奨で評価高まる。サン電子<6736>も強い動きに。半面、リプロセル<4978>には利食い売り圧力が強まる。日本ラッド<4736>も上げ一服。ブロッコリー<2706>やセプテーニHD<4293>なども軟調。JASDAQ-TOP20では、田中化研<4080>、インフォコム<4348>などがしっかり。一方、メイコー<6787>、セリア<2782>がさえない。


-------------------------------------

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均