市場ニュース

戻る
2016年06月11日03時53分

【市況】NY原油:続落で49.07ドル、対ユーロでドル高進行、米リグ数2週連続増加で売り


 NY原油は続落(NYMEX原油7月限終値:49.07↓1.49)。49.96ドルから48.85ドルまで下落した。英国のEU離脱懸念から欧州株に売りが広がるなど、欧州売り的な圧力の高まりに、ユーロ・ドルが1.1246ドルまで下落したことから、割高感による原油の売りが継続した。



 終盤に米ベーカー・ヒューズ社が国内の石油掘削装置(リグ)稼働数を発表。稼動リグ数は前週比3基増の328基だったが、2週連続の増加となったことから、米国内の原油生産拡大への姿勢が示されたとして、売り材料視された。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均