市場ニュース

戻る
2016年06月10日10時31分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比91.38円安、トヨタ自、ファーストリテが切り返す

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比91.38円安の16577.03円で推移している。ここまでの高値は9時01分の16643.36円、安値は9時29分の16522.48円。為替市場では、ドル・円が107円10銭台、ユーロ・円は121円00銭台と円高進行は一服している。一方、マザーズ指数は前日比0.3%高としっかりとした推移が見られる。

全市場の売買代金上位銘柄では、ソフトバンクグ<9984>、三井住友<8316>、ファナック<6954>、みずほ<8411>、JR東日本<9020>が売り優勢となっている。一方、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、アステラス<4503>が小幅ながらプラス圏で推移。また、アキュセラ<4589>が大幅高で2000円台を回復している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均