市場ニュース

戻る
2016年06月09日16時34分

【特集】ティア Research Memo(12):着実にシェアを拡大してきた実績、成長のポテンシャルは大きい

ティア <日足> 「株探」多機能チャートより

■ティア<2485>の今後の見通し

(4)市場規模と成長ポテンシャルについて

国内の葬儀市場規模は年間約1.7兆円の規模でここ数年は安定推移している。葬儀件数の伸び率で見ると、国内全体では平均で0.2%前後の伸びで推移しているのに対して、同社グループの伸び率は出店増効果によって平均で10%強の伸びで推移しており、着実にシェアを拡大している。

葬儀業界では全国各地にある冠婚葬祭互助会が依然、高いブランド力を背景に高シェアを占めているが(互助会及び関連企業の合計売上高で年間約7,600億円)、同社は「徹底した人財教育による質の高いサービス」と「葬儀費用の完全開示や適正費用による提案力」などが顧客から高い評価を受けており、着実にブランド力も上昇している。「ティアの会」会員数が年間2万人を超えるペースで伸び続けていることから見ても、シェアの拡大傾向は続くものと予想される。

名古屋市内では1998年に1号店をオープンして以降、16年目でシェア20%を獲得してきた実績があることから、他のエリアにおいても20%を獲得する可能性はあると考えられる。葬儀件数全体に占める同社グループのシェアはまだ1%に満たない水準であることから、今後のシェア拡大による収益の成長ポテンシャルは大きいと言えよう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均