市場ニュース

戻る
2016年06月09日12時48分

【市況】日経平均は169円安で後場スタート、下げ幅を広げる、ブランジスタ、東芝などが堅調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16661.45 (-169.47)
TOPIX  : 1337.80 (-13.17)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を広げて始まっている。ランチタイムの225先物は16680-16690円辺りのレンジから、16640-16670円辺りのレンジに切り下がっていた。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル106円60銭台と朝方からやや円高に振れて推移している。セクターでは鉱業、石油石炭が堅調。一方で保険、パルプ紙、銀行、空運、その他金融、金属製品、ガラス土石、輸送用機器、機械などが冴えない。

 個別ではブランジスタ<6176>、東芝<6502>、そーせい<4565>、ペプチドリーム<4587>、JIG-SAW<3914>、アキュセラ<4589>が堅調。また、フィンテック、ブロックチェーンなどのテーマ株の一角が物色されている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均