市場ニュース

戻る
2016年06月09日10時04分

【市況】10時時点の日経平均は前日比108.09円安、大幅高のブランジスタが大商いに

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比108.09円安の16722.83円で推移している。米国株は上昇したものの、為替市場では、ドル・円が106円60銭台、ユーロ・円が121円60銭台と朝方比でやや円高に振れていることから、東京市場は売り優勢で開始。東証一部の売買代金は4000億円少しと商いは閑散としており、先物市場では明日のメジャーSQ前のポジション調整に留まっている。

全市場の売買代金上位銘柄では、大幅高のブランジスタ<6176>がランキングトップとなっている(レバレッジETFを除く)。また、アキュセラ<4589>、JIG-SAW<3914>、ヘリオス<4593>も大幅高となっている。一方、大型株では三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などメガバンク3行が弱い。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均