市場ニュース

戻る
2016年06月09日09時41分

【材料】オプティムが続伸、世界初の遠隔作業支援専用スマートグラスの新型機を発表

オプティム <日足> 「株探」多機能チャートより
 オプティム<3694>が続伸。8日の取引終了後、遠隔作業支援専用スマートグラスの新型機「Remote Action model W」を発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 同社では、アイウエア型ウエアラブルデバイスを開発・製造するテレパシージャパン(東京都中央区)と共同で、世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を展開している。新型機は、新型ハードウエア「Telepathy Walker」をベースとしたもので、より軽量化・スリム化を実現。これによりユーザーの選択肢の幅を広げたとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均