市場ニュース

戻る
2016年06月09日07時01分

【市況】NY株式:ダウは66ドル高、原油高やドル安を好感

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

8日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は66.77ドル高の18005.05、ナスダックは12.89ポイント高の4974.64で取引を終了した。原油相場が続伸し買いが先行。4月JOLT求人件数が統計開始以来の高水準となり、利上げへの警戒感から一時もみ合う場面も見られた。しかし、為替相場でドル安が進行したことが好感され、引けにかけて上昇する展開となった。ダウは終値で4月末以来の18000ドル台を回復した。セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや運輸が上昇する一方でエネルギーや電気通信サービスが下落した。

ヨガウェアのルルレモン・アスレティカ(LULU)は決算内容が好感され、上昇。医療保険のユナイテッドヘルス(UNH)は増配を発表し、堅調推移。ネット小売のアマゾン(AMZN)はインドへの30億ドルに及ぶ投資計画を発表し、買われた。検索サイトのヤフー(YHOO)は特許資産を10億ドルで売却する見通しが報じられ、上昇した。

民主党候補指名争いでヒラリー・クリントン前国務長官が、代議員過半数を獲得し勝利宣言を行った。米大統領選挙は、共和党ドナルド・トランプ氏との対決となるが、両党とも本選に向けて党内の結束が不十分で今後の展開は不透明だ。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均