市場ニュース

戻る
2016年06月09日02時51分

【市況】NY金:反発で1262.30ドル、米早期追加利上げ観測後退受けた買い優勢

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 NY金は反発(COMEX金8月限終値:1262.30↑15.30)。1257.40ドルから1267.20ドルまで上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の早期(6、7月)追加利上げ観測が後退する状況に、金の買いが優勢になった。商品相場が強気トレンド入りとの見方による買いも下支えか。



 また、原油高、米株高だったが、米国債利回りの低下にともないドル安傾向になっていることで、割安感による金の買いも強まったもよう。ユーロ・ドルは、一時1.1410ドルまで上昇後も、1.14ドル付近で推移。ドル・円は一時106円59銭まで下落した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均