市場ニュース

戻る
2016年06月08日14時41分

【材料】日工営が後場上げ幅を拡大、バングラデッシュ新空港建設の事業化調査を受注

日工営 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本工営<1954>が後場上げ幅を拡大している。午後2時30分ごろ、バングラデッシュのダッカ新空港建設にかかる調査業務を受注したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同国の民間航空局から約16億円で受注し、将来の旅客需要に応じた新空港建設にかかる事業性の精査、適地選定および整備計画を作成するという。また、洪水・軟弱地盤等の災害対策や環境評価など日本で培った技術を織り込み、既存空港と新空港を同時に運用するデュアル・ハブ・オペレーションの整備検討も進めていく予定としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均