市場ニュース

戻る
2016年06月08日13時27分

【材料】三井金が続伸、国内大手証券では当面は配当株としての側面が強くなると予想

三井金 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井金属鉱業<5706>が3日続伸。

 大和証券が同社についてリポートをリリース。17年3月期の同証券予想は経常利益で184億円(従来196億円)と見込み、会社計画経常利益140億円に関しては、機能材料事業における研究開発費の積み増し、銅箔事業の減益見通し、金属事業でも稼働率が上昇傾向にあるカセロネス鉱山で損失が更に拡大する想定である点等、やや保守的な部分が残ると現時点では考えると指摘。

 当面は6円/株配当を意識した配当株としての側面が強くなると予想し、投資判断は「3」(中立)を継続。目標株価は190円から200円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均