市場ニュース

戻る
2016年06月08日10時13分

【材料】国内有力証券、景気の影響を受けにくい食品株やゲーム関連株が物色対象になるとの見方

SFOODS <日足> 「株探」多機能チャートより
 東海東京調査センターでは、今日の日本株は小動きを想定。来週に米連邦公開市場委員会、日銀金融政策決定会合を控え様子見が続くとみる中、日銀の追加緩和期待は依然強いと解説。

 買い材料不足から政策待ちとみて、個別の好業績期待銘柄や景気の影響を受けにくい食品株&ゲーム関連株が物色対象になると予想。個別銘柄では、食肉消費増を背景に業績好調なエスフーズ<2292>、7年ぶり投入のベイブレードを起爆剤に経営改革を進めるタカラトミー<7867>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース



日経平均