市場ニュース

戻る
2016年06月07日16時11分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 95円高と反発、原油高と円高一服で買い優勢 (6月7日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16651.05
高値  16701.01(13:42)
安値  16536.23(09:38)
大引け 16675.45(前日比 +95.42 、 +0.58% )

売買高  16億1468万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆7798億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.外部環境好転で日経平均は反発
 2.原油市況上昇と円高一服を好感
 3.イエレンFRB議長講演受けドル買い戻し
 4.原油先物が50ドル目前で石油関連や商社高い
 5.売買代金1兆7000億円台と低調続く

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは113ドル高と反発。イエレンFRB議長の講演での発言を受けて、早期利上げ観測が後退したことが好感された。

 東京市場では海外株高や原油高、円高一服を受けてリスクを取る動きが強まった。商い低調ななかで、上値を買い進む動きも限定的で値動きは重い。

 7日の東京市場は、前日の欧米株高や原油市況の反発、為替のドル高・円安基調などを受けリスク回避ムードが後退し、主力株を中心に広範囲に買いが優勢の流れとなった。前日のイエレンFRB議長の講演では利上げ時期には言及しなかったものの、緩やかな利上げ方針を維持する考えを示したことから、ドルの買い戻しに反映された。日経平均は寄り後買いが続かず、朝方はいったんマイナス圏に沈む場面もあったが、売り物薄のなかで下値に対しても底堅さを発揮し、その後は再び上値指向に。原油市況上昇を手掛かり材料に石油関連や商社株が買われ全体相場を支えた。ただ、売買代金は1兆7000億円台と2兆円割れが続いており、市場エネルギー不足のなか上値追いの迫力にも乏しい。

 個別では、ブイ・テクノロジー<7717>が商いを伴い一時ストップ高、村田製作所<6981>、アルプス電気<6770>も大きく買われた。ピジョン<7956>が値を飛ばしたほか、住友精化<4008>も物色人気に。宮越ホールディングス<6620>はストップ高、コロプラ<3668>も上昇した。三井化学<4183>、荏原<6361>などの上げ足も目立った。
 半面、JAL<9201>が軟調、スズキ<7269>も安い。クミアイ化学工業<4996>が急落、鳥貴族<3193>、日本化薬<4272>なども大きく下落した。JVCケンウッド<6632>が売られ、ガリバーインターナショナル<7599>、西武ホールディングス<9024>、日本製紙<3863>なども値を下げた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファナック <6954> 、アステラス <4503> 、TDK <6762> 、アルプス <6770> 、テルモ <4543> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約39円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、JT <2914> 、セコム <9735> 、日化薬 <4272> 、KDDI <9433> 。押し下げ効果は約12円。

 東証33業種のうち上昇は27業種。上昇率の上位5業種は(1)鉱業、(2)石油石炭製品、(3)その他製品、(4)電気・ガス業、(5)保険業。一方、下落率の上位5業種は(1)空運業、(2)パルプ・紙、(3)食料品、(4)鉄鋼、(5)輸送用機器。

■個別材料株

△学情 <2301>
 上期経常は52%増益で上振れ着地。
△Oak <3113> [東証2]
 投資先のホットリンクがテンセントと協業。
△ホットリンク <3680> [東証M]
 テンセント社傘下のWeChat Pay事業部との協業。
△コラボス <3908> [東証M]
 リアルワルド <3691> と連携し在宅コールセンター事業の実証実験。
△リプロセル <4978> [JQG]
 iPS細胞関連として物色が波及。
△荏原 <6361>
 SMBC日興証が「中立→強気」に引き上げ。
△小田原機器 <7314> [JQ]
 1→2の株式分割を実施。
△ニッピ <7932> [JQ]
 iPS細胞関連として物色が波及。
△ピジョン <7956>
 2-4月期(1Q)営業は4%増益で着地。
△札臨 <9776> [JQ]
 札幌医科大とがん診断技術開発で共同研究。

▲メディビック <2369> [東証M]
 不適切な会計処理に関する内部調査報告書を受領。
▲すかいらーく <3197>
 5月既存店売上高は3.6%減。
▲クミアイ化 <4996>
 上期経常を一転4%減益に下方修正、通期も減額。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)宮越HD <6620> 、(2)Vテク <7717> 、(3)ピジョン <7956> 、(4)ランド <8918> 、(5)フリュー <6238> 、(6)Fエスコ <9514> 、(7)住友精化 <4008> 、(8)学情 <2301> 、(9)Vコマース <2491> 、(10)JIN <3046> 。

 値下がり率上位10傑は(1)クミアイ化 <4996> 、(2)あさひ <3333> 、(3)鳥貴族 <3193> 、(4)ブレインP <3655> 、(5)日化薬 <4272> 、(6)東海理 <6995> 、(7)関西スーパ <9919> 、(8)JVCケンウ <6632> 、(9)SFOODS <2292> 、(10)テレ東HD <9413> 。


【大引け】

 日経平均は前日比95.42円(0.58%)高の1万6675.45円。TOPIXは前日比8.34(0.63%)高の1340.77。出来高は概算で16億1468万株。値上がり銘柄数は1152、値下がり銘柄数は642となった。日経ジャスダック平均は2553.93円(7.57円高)。

[2016年6月7日]

株探ニュース

日経平均