市場ニュース

戻る
2016年04月20日09時40分

【材料】エボラブルアジアがS高、民泊運営企業に対する新規サービスを開始

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 3月31日に東証マザーズに新規上場したエボラブルアジア<6191>がストップ高まで買われている。同社はきょう、民泊運営企業に対する新規サービスを開始すると発表。4月1日の「民泊」の規制緩和により参入企業の増加が予想されるなか、新サービスへの期待感が高まるかたちとなっている。

 同社は新サービス提供の第1弾として、商材(国内航空券・JR・高速バス)をOEMで提供するサービスを開始する。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均