市場ニュース

戻る
2016年03月24日09時12分

【材料】ザインがカイ気配スタート、中国大手自動車メーカーのスマートEV開発で核心メーカーとして採用

ザイン 【日足】
多機能チャートへ
ザイン 【日中足】

 ザインエレクトロニクス<6769>がカイ気配スタートとなっている。23日の取引終了後、中国大手自動車メーカーである智車優行科技(北京)のスマート電気自動車開発計画の核心メーカーとして採用されることになったと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 今回、同社が核心メーカーとして採用されることが決まったのは、智車製のスマート電気自動車「奇点自動車」の開発プロジェクト。ザインの高速インターフェース製品THCV235-Q/THCV236-QおよびTHC63LVD827-Qが採用され、人工知能を通じて自動車制御ができるシステムで、天気や道路状況といった外部環境に対して受動的に安全対応が可能なほか、先進運転支援システム(ADAS)やナイトビューシステムにより主導的安全システムを搭載するという。なお、17年のモデル完成を目指している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均