市場ニュース

戻る
2016年03月24日08時40分

【市況】24日の株式相場見通し=日経平均株価は弱含み推移、円高や原油安を警戒

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 24日の東京株式市場は、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が原油安を背景に続落となったのに加え、外国為替市場での円高警戒感も根強いことから、小口の売りで値を消す銘柄が目立ち、日経平均株価は弱含み推移しそうだ。24日早朝の東京外国為替市場では1ドル=112円40銭台での推移となっている。

 23日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比79.98ドル安の1万7502.59ドルと続落した。短期的な高値警戒感が高まるなか、NY原油先物価格が大幅に下落したのを嫌気して資源関連を中心に幅広い銘柄に利益確定の売りが優勢となった。ナスダック総合株価指数は、前日比52.798ポイント安の4768.861と6日ぶりに反落した。

 日程面では、MVNO(仮想移動体通信事業者)で、インターネットオプションサービスならびにコンテンツを提供するベネフィットジャパン<3934>が東証マザーズ市場に、輸入車販売関連事業を手掛けるウイルプラスホールディングス<3538>が東証ジャスダック市場にそれぞれ新規上場する。

 このほかに、1月の毎月勤労統計確報値、日銀金融政策決定会合の主な意見公表(3月14~15日開催分)、22日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、米2月の耐久財受注、トルコ中銀金融政策決定会合が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年03月24日 08時41分

日経平均