市場ニュース

戻る
2016年03月24日02時51分

【市況】NY金:反落で1224.00ドル、4月追加利上げへの警戒感から売り優勢に


 NY金は反落(COMEX金4月限終値:1224.00↓24.60)。1230.40ドルから1215.40ドルまで下落した。ベルギー連続テロに絡んだ安全志向の買いに一巡感がみられるなか、この日もブラード米セントルイス連銀総裁が4月追加利上げの可能性に言及したことに警戒感が広がり、金の売りが優勢になった。



 また、ドルが全般的に上昇したことも、割高感による金への売り圧力になった。ただ、NY原油先物が米国内の在庫増を受けて大幅安となり、米株も軟調推移になったことから、金の買い戻しもみられ、中盤からは下げ渋った。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均