市場ニュース

戻る
2016年03月23日12時16分

【経済】中国:鉄道故障が15年に1500件、中国中車の低品質原因か


国有の鉄道運営会社、中国鉄路総公司はこのほど、山東省青島市で開かれた会合で、2015年に起きた鉄道事故が前年比16%増の210件、故障が45%増の1500件に上ったことを明らかにした。中国当局は故障多発の背景について、鉄道車両メーカー最大手である中国中車(1766/HK)の製品品質が一定水準に達していないこと、地方鉄道当局の管理が徹底していないこと??があるとみている。香港メディアなどが伝えた。
事故と故障が最も多いのは高速鉄道向けの車両。高速鉄道で起きた事故の6割、故障の9割は、中国中車の品質とメンテナンスのレベルが一定水準を下回っているために起きたとされる。
中国鉄路総公司によると、中国中車の製品が低品質なのは、納期が短すぎることに加え、一部の技術的問題が未解決のためという。また、一部の地方鉄道局は高速鉄道向け車両の納入を受ける際、点検が「ずさん」なほか、品質に問題があっても報告していない場合が多いようだ。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均