市場ニュース

戻る
2016年03月23日11時06分

【材料】東京ガスが3日続伸、電力完全自由化目前で出直りへ

東ガス 【日足】
多機能チャートへ
東ガス 【日中足】

 東京ガス<9531>が3日続伸、3月第2週以降は調整局面にあったが売り物をこなし出直り鮮明、25日移動平均線上に浮上してきた。4月から始まる電力小売りの全面自由化を目前に控えており、改めて関連有力株としてマークされている。完全自由化では、対象がこれまで聖域とされていた一般家庭や小規模店舗にまで拡大されることで、その囲い込み合戦が熾烈化している。そのなか同社は、営業ターゲットとなる首都圏で断トツの個人顧客基盤を持つ。都内だけでおよそ1000万件以上の契約数を擁しており、ガスの販売と抱き合わせによる、電力の割引メニューは電力会社にとっても脅威だ。

 一方、来年4月に都市ガス事業の小売全面自由化が予定されていることは、同社にネガティブ材料だが、それを差し引いてもPER10倍の時価は割安感が強く、水準訂正余地が着目されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均