市場ニュース

戻る
2016年03月23日09時26分

【市況】日経平均は17円高でスタート、テロの影響が警戒されるものの小幅に続伸/寄り付き概況


日経平均 : 17066.27 (+17.72)
TOPIX  : 1371.29 (+1.36)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に続伸で始まった。ベルギーのブリュッセルで発生した連続テロ事件を受けた地政学リスクの高まりが警戒されるものの、22日のNYダウは小幅な下げにとどまっていたほか、シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の16925円だったこともあり、やや買い先行の展開に。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも上昇しているが、小幅な上昇に。セクターでは保険、鉄鋼、医薬品、ゴム製品、海運、不動産などが堅調。一方で、パルプ紙、情報通信、機械、空運が小安く始まっている。

 売買代金上位では、トヨタ<7203>、そーせい<4565>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ソニー<6758>が堅調。半面、フィスコ<3807>、ソフトバンク<9984>、三井住友<8316>、ジグソー<3914>、KDDI<9433>などが利食い先行。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均