市場ニュース

戻る
2016年03月23日08時47分

【市況】【今日の相場見通し】本日の予想レンジ 16,800円~17,100円

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 米ダウ平均は、7連騰による短期的な過熱感が警戒される中、ベルギーの爆発テロを嫌気し売り優勢となったが、欧州市場が比較的堅調だったことが下支えとなり、指数は下げ幅を縮小して取引を終了。その影響でシカゴの日経平均先物も、下げ渋りから小幅高で取引を終えているだけに、東京市場の朝方も売り買い拮抗から、前日の終値水準での取引開始となりそうだ。

 一巡後は、テロ発生により安全資産である円を買う動きが見られた為替市場も、現在は落ち着きを取り戻し、1ドル122円台半ばで推移していることから、好決算銘柄や出遅れ銘柄を中心に物色が続く公算で、原油価格が小幅安に留まっている安心感もあり、指数は17,000円の大台を挟んで底堅く推移すると予想される。

 テクニカル的には、昨日の取引でも下値をサポートした、一目均衡表の転換線(16,933円前後)が、本日も支持線として下値を支えながら、抵抗帯である雲突破(17,439円前後)を目指す展開となりそうである。但し、金曜日の取引でトッピクスは、パラボリックが陰転しており、本日の取引で陽転(1,382.41ポイント前後)を果たせなければ、再び調整色を強める可能性も否定出来ないだけに、先物主導による急落には十分注意したい。

 新興市場のジャスダック平均も、一目均衡表の転換線(2,433ポイント前後)をサポートラインとし、2か月半ぶりに一目均衡表の雲(2,451ポイント前後)突破を目指す値動きが期待され、マザーズ指数は、ボリンジャーバンドの+1σ(949ポイント前後)~+2(1,014ポイント前後)のレンジ内取引が推測される。

 本日の予想レンジ 16,800円~17,100円。(ストック・データバンク 編集部)

日経平均