市場ニュース

戻る
2016年03月22日17時37分

【市況】明日の株式相場見通し=円相場依存の地合い継続、大幅高の反動で売り先行か

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(23日)の東京株式市場は、きょうの大幅反発の反動も予想され、小口の売りで日経平均株価は反落となりそうだ。

 市場関係者からは「3月期末を控えて、配当権利取りの動きはあるものの、そのほかは手掛かり材料に乏しく、円相場との連動性の強い値動きとなりそうだ。日経平均株価1万7000円前後の水準は、売り買いが拮抗するゾーンとなっており、外国為替市場をにらみながらのもみあいがしばらく続きそうだ」との見方が出ていた。

 22日の東京株式市場は、終始買いが優勢。日経平均株価は後場に入り、いったん伸び悩んだものの、引けにかけて買い直され、300円を超える上昇で4日ぶりに1万7000円台に乗せた。日経平均株価終値は、前週末比323円74銭高の1万7048円55銭と5日ぶり急反発した。ただ、東証1部の売買代金は2兆1784億円とエネルギーは盛り上がりに欠けている。

 日程面では、3月の月例経済報告に注目。海外では、米2月の新築住宅販売件数が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均