市場ニュース

戻る
2016年03月22日13時30分

【市況】13時30分時点の日経平均は176円高、売買代金上位では任天堂の上げ目立つ


13時30分時点の日経平均は先週末比176.12円高の16900.93円。後場は前引け値水準から上げ幅を縮めると、17000円を割り込み16900円前後での値動きとなっている。為替市場では円安進行が一服し、ドル・円が111円90銭台、ユーロ・円が125円90銭台で推移。

売買代金上位銘柄は買い優勢。トヨタ<7203>やKDDI<9433>、ファナック<6954>が堅調なほか、任天堂<7974>が7.3%高と強さが目立っている。また、マザーズのジグソー<3914>、ブランジスタ<6176>もランクインし、それぞれ大幅高をみせている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均