市場ニュース

戻る
2016年03月22日13時01分

【市況】日経平均は285円高で後場スタート、上げ幅を縮める/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17010.00 (+285.19)
TOPIX  : 1369.46 (+24.41)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を縮めて始まり、その後は節目の17000円を下回ってきている。ランチタイムの225先物は16890-16930円辺りでの推移が続いていたが、現物の後場寄り付き時に16770円まで上げ幅を縮めている。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル111円90銭辺りと、やや円高に振れて推移している。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも上昇しているが、上げ幅を縮めている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が若干減り、1500を下回っている。売買代金上位ではトヨタ<7203>、フィスコ<3807>、任天堂<7974>、ジグソー<3914>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、小野薬<4528>、ブランジスタ<6176>が堅調。半面、ソフトバンクグ<9984>、そーせい<4565>は引き続きさえないほか、三井住友<8316>、みずほ<8411>、ソニー<6758>が下げに転じている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均