市場ニュース

戻る
2016年03月22日09時06分

【市況】個別銘柄戦略:資源関連など中心にリバウンドも


東京市場連休中の米国株が続伸基調となっていることで、先週軟調だった日経平均もリバウンドを試す動きが先行しよう。中国市場も連日の上昇となっており、資源関連株などが関心を集めそうだ。また、年度末の接近で、高配当利回り銘柄などには権利取りの動きなどが徐々に活発化していく余地もあろう。ほか、「一体運営」普及促すとの報道から介護・保育関連などには期待感が高まる余地、日本製紙の量産技術開発報道からセルロースナノファイバー関連、画像データ照合新システム導入報道から顔認証関連などのテーマ株にも注目が向かいそう。個別では、先週末に説明会実施の東芝、鴻海の出資金減額要求報道が伝わっているシャープの動向などに注目。前者は安心感が一段と強まる余地、後者とは対照的な動きになっていこう。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均