市場ニュース

戻る
2016年03月22日02時55分

【市況】NY金:続落で1244.20ドル、SF連銀総裁の利上げ言及が売り圧力に


COMEX金4月限終値:1244.20↓10.10

 NY金は続落(COMEX金4月限終値:1244.20↓10.10)。1242.40ドルを安値に、いったん1248.90まで上昇した。ウィリアムズ米サンフランシスコ(SF)連銀総裁が4月、6月の追加利上げの可能性に言及したことを受けて、ドル買いになった際に金の売りが強まったもよう。



 その後、この日発表の米国の経済指標で、2月中古住宅販売件数が予想以上に大きく減少したことを受けて、一時買い戻しに転換。しかし、NYダウが上昇に転じたことで、再び売りが優勢になった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均