市場ニュース

戻る
2016年03月19日03時49分

【市況】NY原油:反落で39.44ドル、ドルが下げ渋り、リグ数減少も止まり売り勝る


 NY原油は反落(NYMEX原油4月限終値:39.44↓0.76)。41.19ドルを高値に、39.38ドルまで下落した。産油国間の増産凍結会合が決まったことによる価格下支え期待や、米国の原油生産の減少傾向を材料に、原油の買いが先行したもよう。



 その後、ドルの下げ渋りをみて、原油の売りに転換。米ベーカー・ヒューズ社が発表した国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が、前週比1基増の387基となり、減少の継続が13週目で途切れたこともあり、売りが強まった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均