市場ニュース

戻る
2016年03月18日12時28分

【材料】楽天、国内大手証券はポイント費用が国内EC事業の経費増加要因になると解説

楽天 【日足】
多機能チャートへ
楽天 【日中足】

 楽天<4755>が4日続落。軟調な株価展開となっている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、短期的には国内ECの競合状況を注視する必要があると指摘。同社は条件付ながら最大7倍のポイントを配布、競合もポイント配布を拡大中のため、2016年はポイント費用が国内EC事業の経費増加要因になると解説。中期的には金融事業を中心とした安定成長を期待しているものの、16年12月期の営業利益成長は限定的に留まると予想。

 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を1440円から1200円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均