市場ニュース

戻る
2016年03月18日11時03分

【材料】武蔵精密は売り一巡後下げ渋る、岡三証券が新規「強気」

武蔵精密 【日足】
多機能チャートへ
武蔵精密 【日中足】

 武蔵精密工業<7220>は反落ながら、2100円トビ台まで売られた後は下げ渋る動き。17日付で岡三証券がレーティングを新規「強気」、目標株価を2900円に設定している。円高がマイナス影響になることは避けられないが、ホンダの新型車効果や、ホンダ向け以外でも利益率の改善をともなった新規部品の生産増加が見込まれることなどから、円高影響を吸収して増益が続くとみられる点を評価。今16年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の117億円(前期115億8800万円)に対して同証券では126億円、来期を137億円と予想している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均