市場ニュース

戻る
2016年03月18日09時47分

【市況】日経平均は263円安、東証1部値上がりは374銘柄、値下がりは1464銘柄


09時46分時点の日経平均は前日比263.02円安の16673.36円。17日の米国市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を受けた利上げ観測後退が引き続き好感され、買いが先行。為替相場でドル安が進行したほか、原油価格など商品相場も上昇したことが好感され、終日堅調推移となった。NYダウは155.73ドル高の17481.49ドルで引けた。

シカゴ225先物清算値は大阪比120円安の16700円、日経平均は前日比52.63円安の16883.75円でスタート。円高を重しに売りが先行すると、下げ幅を広げ16700円を割り込んでいる。為替市場は朝方比では円高に振れており、ドル・円が111円00銭台、ユーロ・円が125円60銭台で推移。

業種別では、原油高を背景に鉱業、石油・石炭のみプラス。一方値下がり上位は、保険、輸送用機器、ゴム製品、精密機器、小売、サービス、情報・通信、電気機器、倉庫・運輸などとなっている。

東証1部の騰落状況は値上がり374銘柄、値下がり1464銘柄。値上がり率上位銘柄は、JUKI<6440>、東芝<6502>、ベルシステム24ホー<6183>、Mimaki<6638>、日本トリム<6788>など。値下がり率上位は、日機装<6376>、ファーマライズ<2796>、旭ダイヤ<6140>、日コンベヤ<6375>、セイコーエプソン<6724>など。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 374
値下がり数 1464
変わらず 108
値付率 100.0%

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均