市場ニュース

戻る
2016年03月18日09時22分

【材料】UBICが反発、AI製品の営業効率化機能が特許取得

フロンテオ 【日足】
多機能チャートへ
フロンテオ 【日中足】

 17日、UBIC <2158> [東証M]が人工知能KIBIT搭載の新製品「Lit i View AI 助太刀侍」の営業活動を管理する機能について日本で特許を取得したと発表したことが買い材料。

 今回特許を取得した技術は、KIBITが日報や電子メールに含まれるサインを抽出し、営業部員の活動を評価・報告する技術。これにより、AI助太刀侍は、営業管理を効率化して売上拡大と顧客満足度の向上を強力にサポートする。

 発表を受けて、知的財産権の強化による業績への寄与に期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均