市場ニュース

戻る
2016年03月17日07時32分

【市況】16日のNY市場は上昇


NYDOW  : 17325.76 (+74.23)
NASDAQ  : 4763.97 (+35.30)
CME225  : 16840 (+30(大証比))

[NY市場データ]

16日のNY市場は上昇。ダウ平均は74.23ドル高の17325.76、ナスダックは35.30ポイント高の4763.97で取引を終了した。朝方発表された2月の消費者物価指数が予想に一致、住宅着工件数も堅調となるも、鉱工業生産指数がは予想を下振れた。連邦公開市場員会(FOMC)の結果発表を午後に控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利は据え置かれた。声明文やイエレンFRB議長の会見では、世界経済の成長鈍化と金融市場の不安定さを懸念し、今後の利上げ見通しを従来よりも緩やかにする姿勢が示された。追加利上げ観測が後退したことで発表後にドル安が進行、株式相場も大幅上昇となり、引けにかけて上げ幅を拡大した。セクター別では、自動車・自動車部品や素材が上昇する一方で銀行や医薬品・バイオテクノロジーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の16840円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、三井物<8031>が上昇。半面、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、日電産<6594>が小安いなど、対東証比較(1ドル112.74円換算)で高安まちまち。
《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均