市場ニュース

戻る
2016年03月16日16時57分

【市況】マザーズ指数は5日続伸、バリューゴルフやGMOメディアなどがストップ高/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場は、日経平均の下落に連れて利益確定売りに押される場面があった。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え主力大型株で様子見ムードが強まるなか、個人投資家の物色が値動きの軽い小型材料株やテーマ株に向かい底堅く推移した。なお、マザーズ指数は5日続伸、売買代金は概算で1232.04億円。騰落数は、値上がり124銘柄、値下がり86銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、LITALICO<6187>、アンビション<3300>、ナノキャリア<4571>、ブランジスタ<6176>、ミクシィ<2121>などが堅調。前日決算発表した直近IPO銘柄のバリューゴルフ<3931>、個別材料の観測されたGMOメディア<6180>やPCI?HD<3918>がストップ高まで上昇した。カイオム<4583>は連日でストップ高比例配分に。また、上場来高値を更新したジグソー<3914>のほか、メドピア<6095>、ファーマF<2929>、エクストリーム<6033>などが10%超の上昇となった。一方、マザーズ売買代金トップのSOSEI<4565>や、インベスターズクラウ<1435>、モルフォ<3653>、MRT<6034>、サイバダイン<7779>などが軟調。また、ネオジャパン<3921>、サイジニア<6031>、AppBank<6177>がマザーズ下落率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均