市場ニュース

戻る
2016年03月16日14時36分

【為替】東京為替:ユーロは弱含み、買戻しは一巡か


欧州中銀(ECB)理事会後のドラギ総裁発言で強まったユーロの買戻しは一巡したもようで、ユーロ・ドルは3月11日に1.1218ドルまで上昇した後は値を下げる展開。足元は1.1090ドル台で推移している。米連邦準備制度理事会(FRB)が今後の利上げ方針を維持した場合には一段安が見込まれる。


ここまではドル・円は113円02銭から113円56銭、ユーロ・ドルは1.1095ドルから1.1112ドル、ユーロ・円は125円55銭から126円01銭で推移。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均