市場ニュース

戻る
2016年03月15日14時47分

【材料】スリー・ディー・マトリックス---ペプチド技術を用いた「がん幹細胞の治療等」に関する特許を取得

3DM 【日足】
多機能チャートへ
3DM 【日中足】


スリー・ディー・マトリックス<7777>は14日、国立がん研究センターと共同で出願していた界面活性剤ペプチド技術について、「がん幹細胞を含むまたはそれに由来するがんの治療としての適用」に関する特許が日本で成立したと発表。

本特許は、siRNA核酸製剤等が、がんの悪性化に関与する「がん幹細胞」を制御する遺伝子「RPN2」を抑制する効果が示されたもので、同社基盤技術の界面活性剤ペプチドとsiRNAの複合体が、がん細胞内に効率よく導入できる製剤となることが示されたものである。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均