市場ニュース

戻る
2016年03月15日14時18分

【材料】関電工---急反落、CB発行による潜在的な希薄化を嫌気

関電工 【日足】
多機能チャートへ
関電工 【日中足】


関電工<1942>は急反落。CB200億円の発行を発表、潜在的な希薄化を嫌気する動きになっている。転換価額は1159円で、前日終値に対するアップ率は38.97%。潜在株式の比率は8.45%になるもよう。調達資金は施工力増強のための設備投資に使う計画。キャッシュリッチ銘柄でもあり、ファイナンスの実施にはやや意外感もあったとみられる。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均