市場ニュース

戻る
2016年03月15日11時41分

【経済】中国:人民銀が資本流出対策、銀聯使った香港での生保購入禁止


中国人民銀行(中央銀行)は国内からの資本流出対策として、域外での保険購入規
制を強化する。外電報道によると、人民銀は今週12日付で、電子決済サービスを利用
した香港での生命保険購入を禁止したもよう。これを受けて中国銀行(3988/HK)系
の中銀保険集団のほか、AIAグループ (1299/HK)、保誠(プルーデンシャル:2378/HK)などがすでに、オンラインで保険料支払いについて、銀聯カードの使用を不可とする旨の通知を出したとされる。
一方、傷害保険や医療保険については、これまで通り銀聯カードの利用が可能。
ただ、購入額は最高で3万人民元(約53万円)に制限されるという。香港の業界関係
者は、今回の規制強化による保険市場への打撃を懸念。本土住民による保険購入額の
成長率がこれまでの30%から10%程度に減速すると予測している。
これ以前には、銀聯カードを運営する中国銀聯(ユニオンペイ)が今年2月、同
カードを使った域外での保険商品の購入について、1回当たり5000米ドル上限額が適
用されることを明らかにしている。
中国では近年、資産運用を目的に海外で保険商品を購入する人が増え、国内から
の資金流出を促す一因となっていた。香港保険業監理処によると、香港を訪れた本土
住民による保険購入額は昨年1~9月期に211億香港ドル(約3100億円)という規模。
香港保険市場の約2割を占めるまでに膨らんだという。年間では300億香港ドル(推計
値)に拡大し、2010年との比較で7倍強に増大した。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均