市場ニュース

戻る
2016年03月15日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:決定会合通過後の銀行株の動向など注目


原油市況の下落などは上値抑制要因、本日は前日終値近辺でのもみ合いが続こう。日銀金融政策決定会合は現状維持の公算で、市場のネガティブな反応も限定的となる可能性が高いだろう。メガバンクの底堅い動きが目立っていくようならば、安心感が高まっていく余地もあるが、FOMCを控えて、決定会合通過後も積極的な売買は手控えられよう。中小型株物色の流れが引き続き優勢、本日は民泊関連、海外で買われた3Dプリンター関連などに注目。個別では、しまむら、三井物産、ファナック、三井化学、三菱マテなど投資判断格下げの動きが目立っている。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均