市場ニュース

戻る
2016年03月15日06時19分

【為替】NY為替:ドル・円は113円80銭、米FOMC控え追加利上げ観測受けたドル買い再燃


 14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円54銭から113円88銭まで上昇し113円80銭で引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内の追加利上げの可能性が示唆されるとの思惑からドル買いが強まった。また、日銀が15日まで開く金融政策決定会合で景気判断を下方修正する検討に入ったとの報道を受けた円売りが優勢となった。


 ユーロ・ドルは、1.1135ドルから1.1078ドルへ下落し1.1106ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測にユーロ売り、ドル買いが再燃。ユーロ・円は、126円50銭から126円08銭へ下落した。


 ポンド・ドルは、1.4372ドルから1.4293ドルへ下落。ドル・スイスは、0.9847フランへ下落後、0.9882フランへ上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均