市場ニュース

戻る
2016年03月14日16時31分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に3日続伸、ファーストリテが5%超の上昇で指数けん引


14日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり206銘柄、値下がり13銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は大幅に3日続伸。11日の米国市場では、欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和策が改めて評価されたほか、原油相場の上昇も好感され、NYダウは218ドル高となった。為替相場は1ドル=113円台後半まで円安方向に振れ、日経平均もこうした流れから216円高でスタートした。前場はじりじりと上げ幅を広げる展開となり、一時17291.35円(前週末比352.48円高)まで上昇した。後場に入ると、明日の日本銀行・金融政策決定会合の結果発表を控えて様子見ムードもあり、17200円台でこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前日比294.88円高の17233.75円となった。東証1部の売買高は20億1976万株、売買代金は2兆620億円だった。業種別では、保険業が4%を超える上昇となったほか、銀行業、不動産業、海運業が上昇率上位だった。一方、食料品のみ小幅に下落した。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり、1銘柄で日経平均を約71円押し上げた。5.2%の上昇で高値引けとなり、日経平均構成銘柄の上昇率3位にもランクインした。構成銘柄の上昇率トップは第一生命<8750>で8.6%高だった。一部証券会社がレポートにおいて、保険セクターの株価は金利や株式市場の動向を受けて大きく動いているが、実際の利益への影響は株価ほどではないと指摘している。

一方、値下がり寄与トップは日化薬<4272>となった。一部証券会社が投資評価を引き下げており、8.3%安と急落した。新薬に対する期待感は不変としつつも、他事業の成長性鈍化をネガティブ視しているようだ。前週末に16年1月期決算を発表したドーム<9681>は5.5%安。今期の2ケタ減益予想がネガティブ視された。関西電<9503>は6日続落。11日には5月からの電気料金引き下げを見送ると発表している。


*15:00現在


日経平均株価  17233.75(+294.88)

値上がり銘柄数 206(寄与度+303.86)
値下がり銘柄数  13(寄与度-8.97)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 36390 1800 +70.61
<9984> ソフトバンクG 5905 110 +12.95
<6954> ファナック 18425 330 +12.95
<6988> 日東電 7216 316 +12.40
<8035> 東エレク 7483 190 +7.45
<6971> 京セラ 5179 80 +6.28
<4324> 電通 5720 160 +6.28
<3382> 7&I-HD 4826 146 +5.73
<4063> 信越化 6133 140 +5.49
<1925> 大和ハウス 3193 139 +5.45
<4543> テルモ 4075 65 +5.10
<6367> ダイキン 8181 118 +4.63
<4507> 塩野義 5329 112 +4.39
<8801> 三井不 2852 111 +4.35
<8830> 住友不 3334 98 +3.84
<6857> アドテスト 1111 41 +3.22
<7733> オリンパス 4440 80 +3.14
<6770> アルプス 2176 75 +2.94
<4704> トレンド 4390 70 +2.75
<9064> ヤマトHD 2465 62.5 +2.45

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4272> 日化薬 1115 -101 -3.96
<2914> JT 4585 -61 -2.39
<9681> ドーム 483 -28 -1.10
<9433> KDDI 3015 -2 -0.47
<7731> ニコン 1774 -9 -0.35
<7735> SCREEN 838 -5 -0.20
<9531> 東ガス 511.3 -4.5 -0.18
<7752> リコー 1178 -3 -0.12
<6753> シャープ 155 -2 -0.08
<9432> NTT 4844 -7 -0.05
<9437> NTTドコモ 2565.5 -14 -0.05
<9503> 関西電 1002 -2.5 -0.01
<8601> 大和証G 723.5 -0.2 -0.01

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均