市場ニュース

戻る
2016年03月14日14時10分

【材料】エーザイ、国内大手は2つの有望なアルツハイマー病新薬開発なら市場の期待膨らむとみる

エーザイ 【日足】
多機能チャートへ
エーザイ 【日中足】

 エーザイ<4523>が小反発。後場に上げ幅を縮小し、現在は今日の安値圏で推移している。

 野村証券は、16年4月の薬価を織り込み、短期的業績予想を微調整。 アルツハイマー病新薬BIIB037(aducanumab)同様の成功確率が期待できると考え、同新薬BAN2401の業績貢献を予想に織り込むも、BAN2401のDCF期間中の業績貢献が限定的なことや、既存薬剤の薬価引き下げも想定以上で企業価値は不変とみて、投資判断は「ニュートラル」、目標株価8000円を継続している。

 同証券は、BAN2401のPhase 2b試験結果が良好であった場合、同社はBIIB037とBAN2401といった2つの有望なアルツハイマー病新薬を開発することとなり、株式市場の期待が膨らむこととなるとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均