市場ニュース

戻る
2016年03月14日09時55分

【材料】トランスコスモスが堅調、リハビリ・ヘルスケア事業を展開するワイズと資本業務提携

トランスコス 【日足】
多機能チャートへ
トランスコス 【日中足】

 トランスコスモス<9715>が堅調。同社は11日、リハビリ・ヘルスケア事業を展開するワイズ(東京都中央区)と資本業務提携したことを発表した。ワイズ社は介護保険による機能訓練特化型デイサービス「アルクル」と脳卒中の後遺症に特化した実費型リハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」を運営している。すでに、トランスコスモスが運営する通販ブランド「日本直販」を通じ、ワイズ社が作成した、脳梗塞・脳出血などの後遺症に悩む方向けの「ホームリハビリDVD」を販売している。今回の資本業務提携により、ワイズ社が開発する高齢者向けオリジナル商品を、シニア層を中心に850万人の会員を有する「日本直販」や、トランスコスモスのグローバルECチャネルで販売する方針。

 加えて、アルゼンチンのECワンストップサービス企業であるエンポリオ・コンプラス社と資本業務提携したことも発表している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均