市場ニュース

戻る
2016年03月11日12時11分

【為替】東京為替:ドルもみあい、日本株の下げ幅縮小で円売りも


11日の東京外為市場で、ドル・円はもみあう展開となった。リスクオフムードのなか日本株の下げ幅縮小に伴う円売りフローもみられた。


ドル・円は前日海外市場で付けた112円61銭から値を戻す展開。東京市場は113円19銭で寄り付いた後、日経平均株価の下げ幅拡大でドルは112円76銭まで下落。その後は日経平均の下げ幅縮小でドルは113円台に戻した。


欧州中銀(ECB)総裁が今後の緩和方針に否定的な見解を示したことでリスクオフムードが広がるなか、円売りフローが観測された。


ただ、ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏ながら値を戻す展開が続いているものの上海総合指数は弱含む展開となっているため、ドルは午後の取引でも売り買い交錯となろう。


ここまではユーロ・ドルは伸び悩み、1.1170ドルから1.1209ドルで推移。また、ユーロ・円はもみあい、126円06銭から126円82銭で推移。

【要人発言】
・格付け会社フィッチ
「マイナス金利は日本の銀行の利ざやに下方圧力」

【経済指標】
・1-3月期法人企業景気予測調査:-3.2%(前回:+4.6)

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均